チャットレディなら触られることがありません。口臭のキツイお客に悩まされることもありません。

キャバクラとライブチャットのチャットレディってどっちがいいの?

ライブチャットとはパソコンにWebカメラを付けて、相手の映像を見ながらお話することです。

そして、ライブチャットの仕事をする人のことをチャットレディと言います。

いうなれば、チャットレディとはキャバクラのオンライン版みたいなものですね。

さて、ではキャバクラ嬢とチャットレディでは、どっちがラクに稼げるのでしょうか?どっちがいいのでしょうか?

キャバクラ嬢の仕事内容

キャバクラ嬢の仕事内容をいくつかピックアップしてみたいと思います。

  1. キャバクラ嬢としてスカウトされる、もしくは自分から応募する。

  2. 美容院や自分で髪をセットする。

  3. 出勤する。

  4. セクシーなドレスに着替える。

  5. 他の女の子との人間関係を気遣う。

  6. お客さんの隣に座って接客する。

  7. お酒を飲む。

  8. タバコの副流煙を吸う。

  9. 下ネタにも対応。

  10. 触られることもある。

  11. アフターに行く。

  12. 他の女の子との指名争いがある。

  13. 指名を取らないとあまり稼げない。

  14. 基本的に仕事時間は夕方〜深夜2時頃まで。

キャバクラはなんといっても、指名してもらわなくては稼げません。

指名を受けた子のヘルプ的な役割をやるくらいならあまり稼げないので、普通の昼の仕事をした方がマシです。

キャバクラはドレスやメイクや髪の毛など、とにかく維持費がかかるので、稼げないとむしろマイナスになることもあります。

チャットレディの仕事内容

チャットレディの仕事内容をいくつかピックアップしてみたいと思います。

  1. インターネット光回線を開通する。

  2. パソコンを用意する。

  3. Webカメラとマイクを用意する。

  4. ライブチャット会社に登録する。

  5. チャットに入ってきた男性と会話する。

  6. 下ネタにも対応。

  7. 男性にチャットに入ってもらえず、待機時間が長いと稼げない。

  8. 男性とのチャット時間が長くなれば長くなるほど稼げる。

  9. アダルト寄りになればチャットに入ってくる男性が増えるので稼げる。

  10. 24時間、自宅でいつでも好きな時間にできる。

チャットレディは男性にチャットに入ってもらえなければ1円も稼げません。

基本的に、チャット時間と稼げる額は比例します。

チャットレディの給料は分給なので、1分でも長くチャットすれば収入は増えます。

平均して1分70円なので、時給換算すると時給4200円と高額です。

チャットレディも洋服やメイクなどを綺麗にする必要がありますが、キャバクラと違いプライベートでも使える洋服でOKなので、チャットレディを辞めてからも使うことができます。

メイクも普段通りか、3割増しくらいでOKです。

当サイトではノンアダルトのライブチャットのみ紹介します。

アダルトの方に興味がある人はアダルトライブチャットを比較しているサイトなどをチェックしてみるといいでしょう。

キャバクラとチャットレディを比較

さて、ここでキャバクラとチャットレディを比較してみましょう。

キャバクラ チャットレディ
初期費用 美容院代、ドレス代がけっこうかかる。季節に応じてトレンドが変わるので、髪の毛と衣装代は年間通して常にかかると思っておいた方がいい。
×高コスト
ネット環境とパソコンがすでにあるなら、Webカメラ代だけで始められる。ライブチャットによってはWebカメラのレンタルもある。洋服は普段着でOK!
◎低コスト
イヤな客の行動 やたらと触ってきたり、口や体臭が臭い客がいる。タバコの副流煙の被害に会う。
×直接触れられる
命令口調な客や、やたらとHなことを要求してくる客もいる。でも、断ればいいだけ。
◎直接触れられない
人間関係 女の同士の人間関係が難しい。ライバル関係やひがみ、ねたみ、いじめもある。
×人間関係が難しい
自宅で自分一人でやるので人間関係に悩むことはないが、一人でやる分、友達ができない。
△人間関係はない
たくさん稼ぐために必要なこと 指名される。一度連絡先を交換したお客にメールをしてまた来てもらって指名してもらう。
固定客(リピート)が大事
写真やプロフィールを充実させて、とにかくチャットに入ってもらう。待機時間を短くするためにリピートしてもらう。
固定客(リピート)が大事
将来性 不景気で外で飲む人は減る。昔のように大盤振る舞いする客は少ない。
×将来性なし
不景気で外で遊ぶ機会が減るので、ネット人口は増える。スマホの普及でライブチャットの需要はさらに増える。
◎将来性あり

このように見ていくと、キャバクラよりもチャットレディの方が今の時代にマッチしていると言えるでしょう。

実際、かつてのキャバクラ嬢がチャットレディにたくさん参入しているそうです。

彼女たちは男性との接し方を心得ているので、チャットレディでも上手に振る舞い、けっこう稼いでいるそうです。

業界上位のライブチャットに登録しないと稼げない

ライブチャットで稼ぐコツを教えます。

ライブチャットは基本的に女性の登録者が多いところにたくさんの男性が集まります。

つまり、男女の会員数が多い業界上位のライブチャットに登録しないと稼げないということです。

なぜなら、男性会員の絶対数が少ないライブチャットでは待機時間ばかりが長くなるからです。

登録している女性が多いとライバルが多くて稼ぎづらくなると考える人がいますが、それは間違いです。

チャットレディとして稼ぐには、なにはともあれ男性にチャットに入ってもらえなければなりません。

つまり、男性会員が多いところ、それはつまり女性の登録数が多いライブチャットに登録する必要があるのです。

業界上位のライブチャットに登録したら、人気女性ランキングの上位者がどんなことをしているのか研究します。

写真やプロフィールはもちろん、着ている洋服から髪型、画面の明るさ(照明)まで全て研究しましょう。

真似ることは学ぶことです。

オススメのライブチャット

では、最後にオススメのライブチャットを紹介します。

会社名 分給・時給 場所 働くサイト
エンジェルライブ
●2ショット
1分100円、1時間6000円
●パーティー
1分75円、1時間4500円 x 人数
自宅 angel-live.com
DMMライブチャット
●2ショット
1分75円、1時間4500円
●パーティー
1分50円、1時間3000円 x 人数
自宅 dmm.co.jp
マシェリ
●2ショット
1分70円、1時間4200円
●パーティー
1分55円、1時間3300円 x 人数
自宅 macherie.tv
マダムライブ
主婦、シングルマザーにオススメ

●2ショット
1分81円、1時間4860円
●パーティー
1分54円、1時間3240円 x 人数
自宅
通勤
madamlive.tv

おすすめサイト